返済できない借金を債務整理で解決

初めて借金をしたときは軽い気持ちで5万円を借りて、次の給料日に全額返済ができました。消費者金融のカードローンは非常に便利だと感じましたが、便利さを知ってしまうと頻繁に借りるようになってしまいます。その後は何度も増額融資を受けることになり、あっという間に借金は80万円を超えてしまいました。

 

もともと金欠状態が続いていたから借金をしたわけで、考えてみれば借りる時点で十分な返済能力などありません。あっという間に返済日がやってくる恐怖を味わうようになり、自力返済にも限界を感じるようになりました。

 

そんなとき消費者金融から100万円まで限度額を上げるという交渉がきましたが、それ以上借りると利息に押しつぶされると思ったので断りました。それから弁護士に相談をして、どうやって借金を減らせばいいかアドバイスをもらったのです。毎月の返済は着実に行えていましたが、利息の支払いをしている状態で元金はほとんど減っていません。

 

元金まで減らすとなると収入を今より増やす必要があり、それは難しいことを伝えました。そこで弁護士から提案された解決法は任意整理で、借金の利息をゼロにしてもらう方法です。任意整理は報酬額が安く、3万円と消費税のみでカードローンの利息をゼロにできました。