自己破産は特にデメリットがなかった

自己破産をしたら社会復帰が絶望的になると勝手な思い込みがあったのですが、全くそんなことはありませんでした。

 

長いこと借金に苦しめられていたのですが、自己破産をしたらそれこそ終わりだという思いがあって、無駄に苦しむことになっていたのです。
今から思えば返済が無理だとわかった時点でしていれば、余計に苦しまなくて済んだわけですから勝手な思い込みをするのは損だと思いました。

 

そのため、なんとか借金は自力で返済しようと試みたのですが、最終的にはパンクしてしまいどうにもならなくなってしまいました。

 

その段階になってようやく債務整理を考えるようになり、借金問題に強い弁護士に相談をしたところ自己破産のデメリットは特にないことがわかったのです。
大した資産もないので失うものがありませんでしたし、借金ができなくなるにしても現状と変わるわけでもありません。

 

そう考えると自己破産は人生をやり直すのに、悪くないのではと考えるようになったのです。

 

少し悩んだものの他に手があるわけでもないので、自己破産の選択をしたところいとも簡単に借金がなくなりました。
あれ程悩んでいた借金がこれほどまでに簡単になくなるのがわかっていれば、もっと早くから債務整理をしておけば良かったです。