債務整理を行いました

以前、とある事情で15万円が必要になり、どうしても家族には知られたくなかったので、預金のなかった私は、消費者金融で借り入れをすることになりました。

当初は15万円だけ借りて、毎月返済していけばいいと軽い気持ちで借り入れの契約をしてしまいましたが、利息が大きく、毎月利息だけを返済しているような状態が続き、1社へ返済するために、さらに2社から借り入れをするようになってしまい、まさに借金地獄へと陥ってしまいました。

そんな中、債務整理についてテレビで説明していたので、ダメもとで、司法書士の先生に債務整理の相談をさせて頂きました。どうせ状況は変わらないだろうと期待せずに相談にいったのですが、その司法書士の先生は、もう今後返済しないで大丈夫と話して下さり、債務整理の手続きを取っていただきました。

おかげで、あんなに苦しかった借金返済の生活から抜け出すことができ、今の生活があります。あのとき債務整理の相談に行っていなければ、未だに返済に追われる生活を続けていたのかと思うと、本当に相談に行ってよかったと思います。

債務整理と破産宣告を少し混同していましたが、全く別で、社会的に不都合な状況にもなりませんので、消費者金融からの借金返済で苦しんでいる方は、是非債務整理の相談をされることをおすすめします。

債務整理札幌ガイド※評判のおすすめ弁護士を効率よく探すには

弁護士に債務整理を依頼した

学生時代から金遣いが荒いことを指摘されることがあり、その悪癖は社会人になっても変わりませんでした。給料以上の金額を毎月のように支出していまい、ほとんどなかった貯金はゼロになってしまったのです。それでも欲しいものを買い、食べたいものを食べたいという欲望が収まることはなく、カードローンで借金をしてしまいました。

いつしか借金は200万円になり、返済できないことに気付きました。両親にも相談しましたが、まずは債務整理を行って借金額を減らすことを提案されたのです。債務整理を請け負っている弁護士事務所を探し、相談したところ任意整理と個人再生、そして自己破産という選択肢があることが分かりました。

私は返金額が少なくなる個人再生をするつもりでしたが、両親は借りた金額は返すべきだと主張し、任意整理を依頼することにしました。毎月の返済額のうち半分は自分で出し、もう半分は両親から借りるという形で返済を行います。手続きは弁護士事務所で行ってくれて、私は毎月の返済額を弁護士事務所に振り込むことになりましたが、毎月の手数料が少なくない金額になり、改めて借金を返済することの苦労を思い知りました。

現在は金融機関への返済が終わり、両親から借りたお金を地道に返しています。

借金債務整理ナビ※メリットやデメリット、体験談などを紹介

債務整理で人生のやり直し

若いころから派手にお金を使ってしまう生活をしていて私は、社会人になってからカードローンに手を出してしまい、最初はそれほど負担に感じなかった毎月の返済額が徐々に多くなり、気づけば返す為に借りる自転車操業の様な生活をしていました。

30代を迎えたあたりで、これでは人生が壊れてしまうと思った私は、テレビのコマーシャルをみて、弁護士事務所に電話をして、債務整理を行う事にしました。あまり知識がなかった事もあり、自己破産でもしなければならないのかと思ったりもしたのですが、私のカードローンの取引履歴を調べてもらうと過払い金が発生する事がわかりました。

過払い金という言葉自体は、テレビなどで知ってはいたのですが、実際にどのようなものかはあまり知りませんでしたので、わからないなりに説明を受けて、持ち出し費用も掛からないという事でしたので、すぐに請求手続きを進めていただきました。結局、当時私には300万円ほどの借金があり、毎月の返済額は10万円を超える額だったのですが、元金が全て無くなっただけでなく、手元には50万円のお金が戻ってきました。この50万円は、戻ってきたお金から弁護士に成功報酬として払った2割分を除いた金額です。この債務整理で、私の人生が間違いなく再出発したことは間違いありません。

多重債務ナビ※借金から抜け出す方法を紹介しています